大腸がんを阻止するには|乱れた生活を正そう

看護師

事前に調べる

カウンセリング

梅田の内科では、あらゆる症状に対応をしています。また、休み明けには、患者さんがたくさんつめかけます。特に急を要する症状ではない場合は、混雑を避けて受診するとよいでしょう。内科では症状に応じて投薬治療を行ったり、事前に予防の観点で注射をすることで、病気を防ぐ役割を持っています。

詳細

身近ながんの原因と特徴

看護師

がんの原因を知り予防する

大腸がんは、大腸の粘膜からがんが発生するタイプと良性のポリープが悪性のがんに変異するタイプの二種類あります。大腸がんが発生する要因には、喫煙や飲酒、運動不足や食生活の乱れなど様々ですが、女性に多いがんのひとつです。最近では欧米化の高カロリー高タンパク質の食事が増え、野菜に多く含まれる食物繊維の摂取が減少しています。その結果、便秘になり腸内に発ガン性物質を留める時間が長くなり、腸内環境の悪化に繋がっています。また、ストレスによる自律神経の乱れで腸内環境が悪化し悪玉菌が増えることで、大腸がんの発生リスクは高まります。過度のストレスは、大腸がんの要因となる飲酒や喫煙の機会を増やす傾向にあるため、適度な運動や規則正しい生活でストレスを溜めないことが大切です。

初期症状に気を付ける

大腸がんの初期症状は、血便や腹部の違和感、便秘や下痢など普段の生活の中で経験しやすい症状です。特に血便は痔と症状が似ているため痔だと思い込み、目に見える症状の血便を放置してしまう人も多くいます。また、その他の症状も食べ過ぎやお腹の冷えなど少しの大腸の変化で現れる症状なので、大腸がんの初期症状と結び付けることは難しいです。しかし、このような症状が長く続く場合や、症状が酷くなっている場合は大腸がんの検査を受けることが必要です。大腸がんの組織は非常に脆く、便ががんの部分を通過する時に出血しやすくなるため、血便がある場合は出血の原因を突き止めることが大切です。大腸がんには様々な初期症状があるので少しの大腸の変化でも気になる時は、医師の診察を受けることが早期発見に繋がります。

健診は大切なものです

女性

大阪市の住民には、健康診断を受ける権利があります。対象の年齢になると、郵送でお知らせなどが送られてきますので確認しておきましょう。健康診断が受けられる医療機関はたくさんありますので、近くの病院で受けることができます。

詳細

自然治癒力を利用した治療

医者

免疫療法は人間が本来持つ自然治癒力を利用した治療法のため副作用などがないのでが特徴です。また、リンパマッサージなどでも免疫力を高めることができ、一般の人でも取り組みやすいため非常に人気がある治療法なのです。

詳細